ハーレーロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ロマンス。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

恋人たちの岸辺 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
タラは一流のリクルート・サービス会社に勤めるキャリアウーマン。恋人に裏切られたのがきっかけで、仕事に生きる決意をした。以来忙しさを口実に、男性とのかかわりを避け続けている。そんな彼女の休暇先は、静かな川辺に立つ古い田舎家だった。外国を旅行中の両親が帰ってくる前に、彼らの持ち家のこの屋敷をぴかぴかに磨き上げておく―タラはそのためにひとりで休暇を過ごすつもりだったのだが、一家の船着き場にはなぜか豪華なクルーザーがとまっており、その持ち主アダムはあつかましくも魅力的な男性だった。夕食に招待させられたり、強引にペンキ塗りを手伝われたり。腹の立つ隣人だったが、タラは次第にアダムに惹かれていく。彼には婚約者がいると、はっきり知らされているのに。

コテージに咲いたばら (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カトリーナは田舎道を自転車で走っていてオートバイにはねられた。オートバイはそのまま逃げ、道に座り込んでいた彼女を助けたのはちょうど車で通りかかったハンサムな医師グレンヴィルだった。カトリーナは十二歳のときに両親を事故で亡くして以来、独身の伯母と田舎のコテージでつましく暮らしている。医師は親切にも彼女をコテージに送り届けてベッドに寝かせ、外出していた伯母に代わって面倒を見てくれた。彼の親切には感謝すべきだったが、医師としての義務感からそうしているとしか思えず、カトリーナは素直になれなかった―好きじゃないわ、あんな人。それでも彼女はしぶしぶ礼状を書いて送った。どうせ私のことなんて忘れているでしょうけれど。

翡翠色の情熱 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
テレビリポーターのアリアンはカメラマンをともない、著名な実業家で大富豪のマノロの屋敷を訪れた。週末の二日間、屋敷に泊まりこんで、彼を題材にした番組のビデオ撮りを行う予定だ。その撮影の最中、アリアンは赤ん坊の泣き声を耳にした。生後半年の、マノロの娘クリスティーナだわ!あやしたいという衝動を抑えられず、手を伸ばしたアリアンに、翌日マノロは驚くべき提案をする。クリスティーナがなつかないため出ていった子守りの代わりに、何日か屋敷に残って娘の面倒をみてくれないか、と。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビアンチン,ヘレン
ニュージーランド生まれ。学校を卒業して、法律事務所で秘書をしたのち、二十一歳のときに友人とともにワーキングホリデー制度を使ってオーストラリアにわたる。メルボルンで数カ月働き、北クイーンズランドのたばこ農園を手伝っていたときにイタリア人男性と知り合い結婚した。その後三人の子供に恵まれ、子供たちや友人にたばこ農園の話を聞かせているうちに小説を書くことを思いついたという(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロヴァンスで恋を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ケイトリンは目の前の建物を見て呆然とした。看護師だったころの患者マードに別荘を遺贈され、イギリスからプロヴァンスに移り住むことにしたのだが、電気も通っていない古めかしい家で、とても住める状態ではない。そのとき、後ろから男性の声がした。マードの友人レイだ。フランス在住とは知っていたけれど、近くに住んでいたなんて。レイはケイトリンが別荘を贈られたことを露骨に怪しみ、彼女をマードの愛人だと決めつけた。なんて失礼なの!それでも彼は、ここには泊まれないから、自分の屋敷に来るようにと言ってくれた。

内容(「MARC」データベースより)
看護師だったころの患者マードに別荘を遺贈されたケイトリンは、プロヴァンスにやってきた。だが、その家はとても住める状態ではない。そこへ、マードの友人レイが現れ、自分の屋敷に来るようにと言ってくれたのだが…。

挑発的なプロポーズ―旅立ちの大地 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カントリーミュージック界の大スター、そして幼い日の憧れの男性。久しぶりにジョニー・エリスと再会して、メガンは身を震わせた。でも、動揺していることを彼に気づかれてはならない。亡き父が更生させたかつての不良少年は、もう手の届かない人。牧場を彼と共同経営するようにという父の遺言に従って、ジョニーはここにしばらく滞在するだけなのだから。彼の寛大な援助なんて欲しくないわ。頑なな態度をとり続けるメガンに業を煮やしたのか、突然、ジョニーが皮肉な口調で言い放った。「きみはどんな援助も受けられる…僕と結婚すれば」。

内容(「MARC」データベースより)
兄と妹のようだったメガンとジョニー。2人の関係の行方は? 元不良少年で、現在はりっぱな成功者となった3人の親友同士を描く「旅立ちの大地」最終話。

王女にキスを (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エリアソン国の王女パーカーは衆目にさらされることにくたびれ、アメリカで一般人になりすまして生活していた。ある日、彼女がウエイトレスとして働く喫茶店に、ジェイスという名の謎めいた男性客がやってきた。美形の彼に意味ありげな視線を送られ、パーカーはときめいた。それからは彼のことばかりを考え、夢にまで見る始末だった。だが翌日、偶然彼女はジェイスの正体を知る―帰国しない娘の身辺を探るために国王が送り込んだ探偵だったのだ!パーカーは怒りに震えるとともに屈辱を覚えた。

内容(「MARC」データベースより)
エリアソン国の王女パーカーは、アメリカで一般人になりすまして生活している。ある日彼女は、勤務先の喫茶店にやって来た、謎めいた男性客にときめく。しかし彼の正体は、帰国しない娘のもとに国王が送り込んだ探偵だった!

美しき夢破れ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
それは誰の目にも理想的な結婚に見えた。ザックはどんな女性も虜にしてしまうような男性で、しかも大企業の経営者。ヴィクトリアも上流家庭の生まれで、このうえなく美しい二十歳の輝ける花嫁だった。ふたりは愛し合って結ばれたと、ヴィクトリアは信じていた。初夜の明けた朝、ザックが愛人のもとに駆けつけたと知るまでは。その朝早く、ザックは電話を受けて出ていった。彼女はまた寝込んでしまい、目覚めると彼が優しくキスをしていた。だが両手を広げてベッドに誘ったヴィクトリアを、彼は拒んだ。何かおかしい―そのヴィクトリアの直感は当たっていた。早朝の電話のわけを知ったヴィクトリアは彼の前から姿をくらます。一方ザックは、思いもかけなかった展開に…。

侯爵家からの招待 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
過労が原因で肺炎にかかり、一週間ほど入院していたグレースは、大学時代の友人ジュリアが声をかけてくれたのをさいわい、休養のため、イタリアのリゾート地を訪れた。彼女がジュリアのアパートメントでひとりつくろいでいると、魅力的なイタリア人男性がジュリアの荷物を届けに来た。あとで聞かされた話では、彼はマッテオ・ディ・ファルコ侯爵といい、ジュリアは、彼の子供を身ごもっていると自慢げに打ち明ける。妊娠を理由にマッテオに結婚を迫るつもりだと語る友人に、グレースは、危ない賭に出るつもりなのではないかと心配になった。ところが数日後、マッテオはグレースに誘いの電話をかけてきた。親密につきあっている女性がいながら、その友人に声をかけるとは。グレースは即座に断るが、マッテオは外出先でも近づいてきて…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
メイザー,アン
イングランド北部の町に生まれ、現在二児の母。自分が読みたいと思うような物語を書く、というのが彼女の信念である。ハーレクイン・ロマンスに登場する前から作家として活躍していたが、このシリーズによって、一躍国際的な名声を得た(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

過去からの誘惑者 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
忘れたい過去が、私を見つけだし、追いつめる。ケータリングサービスを営むジェーンは、ある夜、ずっと避けてきた男、ガブリエルに出会った。三年前…ジェーンの夫とガブリエルの妻は不倫関係にあり、二人はともに交通事故で亡くなった。そして間もなく、ガブリエルがジェーンを捜しているという噂が立った。責めるべき唯一の人間がいなくなり、正気を失った彼が、どういうわけかジェーンに復讐を企んでいるらしい。それ以来彼女は、ヘアスタイルや髪の色ばかりでなく、名前まで変えて、世間の好奇の目からも逃れ、ひっそりと生きてきた。それほどまでに彼と顔を合わせることを恐れていたのに。ところが、彼はジェーンの正体に気づいていないようだった。花束を贈ったり食事に誘ったり、しきりに彼女に交際を求めてくる。必死に彼を遠ざけようとしながらも、ジェーンは…。

コテージに咲いたばら (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カトリーナは田舎道を自転車で走っていてオートバイにはねられた。オートバイはそのまま逃げ、道に座り込んでいた彼女を助けたのはちょうど車で通りかかったハンサムな医師グレンヴィルだった。カトリーナは十二歳のときに両親を事故で亡くして以来、独身の伯母と田舎のコテージでつましく暮らしている。医師は親切にも彼女をコテージに送り届けてベッドに寝かせ、外出していた伯母に代わって面倒を見てくれた。彼の親切には感謝すべきだったが、医師としての義務感からそうしているとしか思えず、カトリーナは素直になれなかった―好きじゃないわ、あんな人。それでも彼女はしぶしぶ礼状を書いて送った。どうせ私のことなんて忘れているでしょうけれど。

{台東紀行} {東京ぶらぶら} {高収入バイト情報} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {千葉の印刷なら千代田印刷} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {台東クラブ} {ハロー!江東区!} {電子たばこ} {GOGO!江戸川区!} {墨田区紀行} {美容外科} {鶯谷・うぐいすだに} {アキバ中毒のページ} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO}

ooo千葉のトピックス!ちばとぴっ!ooo 風呂の事ooo 千葉の道の駅ooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo 中野区居住化計画ooo 千葉の城下町 千葉市のお城探訪!ooo リネージュIIクロニクル4ooo 花ざかり千葉ooo 甘いお菓子の街千葉ドットコムooo AKIBA-JUNKooo おそれ入谷の鬼子母神ooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo ECO Smoker(エコスモーカー)ooo 寿司喰いねぇ~!ooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo ネット証券比較っすooo 山手線エリアのパスタooo 板橋LOVEooo 千葉干物天国ドットコムooo 東金ぶらり・東金の名所。地域情報!!ooo