ハーレーロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ロマンス。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

遠い夏の秘密 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一人息子のニックとテーマパーク巡りを楽しんでいたケイトは、かつての恋人パトリックと思いがけず再会した。七年前の夏、ケイトはパトリックと初めて愛し合った。ところがその二週間後、あろうことか彼のいとこに襲われ、彼女はニックを身ごもった。それ以来、ケイトはパトリックの前から姿を消し、女手ひとつでニックを育ててきた。あの夏の秘密を、彼に言うことは絶対にできない…。しかしパトリックはニックを自分の子と思いこんで、ケイトが否定しても動じず、これからも会うことを強く望んだ。つらくても、真実を告げなくてはいけないのだろうか?いつしかケイトは、彼を突き放せない自分の気持ちに気づいていた。

ブーケの予言 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アンは結婚式などのビテオ撮影を請け負うフリーのカメラマン。ある日、撮影に訪れた教会で、マーク・レインと出会う。彼は魅力的だったがどこか陰があり、笑顔を見せなかった。その夜、アンは撮影済みのビデオテープを紛失し青くなるが、幸い、テープを見つけたマークが自宅まで届けてくれた。二週間後、二人は思いがけず、美しい海辺の町で再び会う。ある推理作家のインタビュー撮影を引き受けたところ、その作家というのが、マークだったのだ。パソコンの操作をアンに教わり、窮地を救われたマークは、執筆中の作品が完成するまで手伝ってほしいと申し出る。彼に惹かれ始めていたアンは快諾し、滞在を延ばした。だが、マークには美しい婚約者と、一人の息子がいた…。

封印された愛 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ケンブリッジ大学で開かれたパーティの夜、ある事件を契機に、ポリーはイタリア人の従兄、マルコ・ダレッタと結ばれた。マルコはポリーが十三歳のときから憧れていた人だ。でも、彼は義姉の恋人。遠くから眺めているしかなかった。ポリーはこの一夜限りの愛の行為でマルコの子を身ごもるが、マルコへの不信感と義姉に対する罪悪感から彼のもとを去り、シングルマザーとなる決意をする。月日は流れ、息子のベンが三歳になった夏、ダレッタ家の洗礼命名式パーティに招かれたポリーは、単身でイタリアを訪れ、マルコと再会した。二人の心が通いだし、愛を交わそうとしたそのとき、偶然に落ちたベンの写真が、マルコの目に留まった…。

華麗なる憂鬱―ゴージャスな結婚〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
シドニーの有力な複合企業“ベニーニ・サンタンジェロ”は、四十年前にイタリアから渡ってきた二人の若者が興した会社だ。二つの家の結びつきは固く、家族と言ってもいいほどで、近く両家の娘と息子、アイシャとカルロが結婚することになった。子供のころからカルロに恋心をいだいていたアイシャは、当然、幸福の絶頂にあるはずなのに、彼女の心は晴れず、カルロの愛を確信できない。この結婚は会社を強化発展させるためのものだし、カルロの気持ちは今も、結婚後すぐに世を去った前妻にあるからだ。それでもアイシャはいい妻になろうと決心していた。ところが行く先々で出会う妖艶な女性がカルロとの仲をほのめかし、アイシャの憂鬱は深くなるばかりだった…。

デイジーの小さな願い (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
デイジーは、控えめで物静かな目立たない娘。海辺の小さな町で、父親の骨董店を手伝っている。初恋に破れ、悲しい気持ちで浜辺を散歩していた彼女は、すてきなオランダ人の医師ユールス・デル・ホイズマに出会った。彼は数回店を訪れ、デイジーはひそかに恋心をいだいた。ある客の買い上げた品をオランダまで運ぶことになった彼女は、夜のアムステルダムで偶然ユールスと再会した。ただし…運河に落ち、助けを求めた彼女の手をユールスがつかんでひっぱり上げるというさえない状況で。その後も重なる偶然に、デイジーは胸の思いを抑えようと必死だった。一方のユールスは、わがままな婚約者の相手をしながらも、デイジーのことばかり考えていたのだが。

Book Description
A brand-new romance for springtime. Let international bestselling author Betty Neels sweep you away into a world of bliss with this wonderfully romantic, brand-new novel . . . Daisy Gillard led a quiet life in her father's little shop, until the handsome pediatrician Mr. Jules der Huizma swept her away to Holland! It was a secret joy for Daisy that Jules seemed to want to spend time with her. But Daisy knew her feelings couldn't lead anywhere, because Jules was promised to another woman . . . But he was so attentive and charming, Daisy was starting to hope that she would become Jules's bride . . .
--このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

償いの結婚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
何不自由なく育った貴族のひとり娘に、恥辱に満ちた、人生の試練が降りかかった。祖父の葬儀の日、気持ちを静めようと遠乗りに出かけたピッパは、長身でたくましい見知らぬ男性に道で出会った。彼の態度はなんとも傲慢で、ピッパは反発を覚える。だが家に帰ってみると、彼がピッパの父と話をしているではないか。彼の名はショーン。亡き祖父が秘書の女性に産ませた子だった。祖父が遺言書を作成せずに死去したので、屋敷も土地も会社も、遺産はすべて実子のショーンが相続することになったらしい。ピッパの父は数年前に死んだ祖母の連れ子で、相続権がないという。経済的苦境にあり、遺産を当てにしていた父はあわてるが、一家に憎しみを抱くショーンは、容赦なく立ち退きを迫る。ピッパとしてはやむを得ないと思うものの、両親は取り乱すばかり。そこへ彼から、ピッパを巻き込んだ、ある取り引き話が持ちかけられた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マッカーシー,スーザン
ロンドン郊外で育ったが、結婚を機にイングランド西部のシュロップシャーに居を構え、たくさんの犬や猫に囲まれた田園生活を楽しんでいる。趣味の旅行に出かけるたびに、家が恋しくなるという。作家活動のかたわら、社会人教育にも携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

身分違い (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ダイアナは毎日の生活にあきあきしていた。ナイツブリッジの生花店で週数時間働いているが、これは仕事というより金持のお嬢さまの暇つぶしにすぎない。花嫁学校で、レディになるための教育は受けたものの卒業後はパーティにあけくれ遊んでいるだけ…。気分転換に、彼女はポップアートの展覧会に足を運んでみた。「美術なんて呼ぶ価値さえない屑ね」思わず批評してしまう。「とんでもない。これは文化の基本だよ」後ろから太い声がして振り向くと、たくましい体の男が立っていた。黒い髪、意志の強そうな顎―。なんて男っぽくてすてきな人なの。

内容(「MARC」データベースより)
ダイアナは毎日の生活にあきあきしていた。ナイツブリッジの生花店で週数時間働いているが、これは仕事というよりお嬢さまの暇つぶしにすぎない。気分転換に、彼女はポップアートの展覧会に足を運んでみた。そこでたくましい体の男と出会って…。

報復はギリシア流に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ある日マディソンは弟のカイルから、富豪ディミトリアスが所有するヨットを海に沈めたと打ち明けられた。ディミトリアスは姉弟の父親を無実の罪に問い、死に追いやった男だ。弟の気持ちもわかるが、彼に知れたらどんな報復をされるかわからない。不安を募らせていると、突然ディミトリアスが家にやってきた。彼はすでにカイルが犯人だという証拠を握っていると言い、執拗に居所をきき出そうとする。だめ!彼みたいな冷酷な人に、弟は渡せないわ。でも、百五十万ドルもの損害額を賠償できるはずもない…。するとディミトリアスは目を光らせ、ひとつの選択肢を提示した。

内容(「MARC」データベースより)
マディソンは弟のカイルから、姉妹の父親を死に追いやった男・ディミトリアスのヨットを海に沈めてしまったと打ち明けられた。どうしても弟を助けたいマディソンに、ディミトリアスはひとつの交換条件を提示するのだが…。

侯爵家からの招待 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
過労が原因で肺炎にかかり、一週間ほど入院していたグレースは、大学時代の友人ジュリアが声をかけてくれたのをさいわい、休養のため、イタリアのリゾート地を訪れた。彼女がジュリアのアパートメントでひとりつくろいでいると、魅力的なイタリア人男性がジュリアの荷物を届けに来た。あとで聞かされた話では、彼はマッテオ・ディ・ファルコ侯爵といい、ジュリアは、彼の子供を身ごもっていると自慢げに打ち明ける。妊娠を理由にマッテオに結婚を迫るつもりだと語る友人に、グレースは、危ない賭に出るつもりなのではないかと心配になった。ところが数日後、マッテオはグレースに誘いの電話をかけてきた。親密につきあっている女性がいながら、その友人に声をかけるとは。グレースは即座に断るが、マッテオは外出先でも近づいてきて…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
メイザー,アン
イングランド北部の町に生まれ、現在二児の母。自分が読みたいと思うような物語を書く、というのが彼女の信念である。ハーレクイン・ロマンスに登場する前から作家として活躍していたが、このシリーズによって、一躍国際的な名声を得た(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

誘惑という名の復讐 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ヴィヴィアンはタブロイド新聞の記事を見て愕然とした。かつて彼女の夫ルカと関係を持ったと言いふらしたモデルが、あれはでっち上げだったと告白しているのだ。二年前、モデルの言葉を真に受けて、ヴィヴィアンは家を出た。自分のような退屈でおとなしいだけの妻に、ルカは早くも飽きたと思ったから。夫は潔白だったのに、なんてひどいことをしてしまったの!ヴィヴィアンはいてもたってもいられず、ルカに会いに行った。だが久しぶりに再会した夫は、涙ながらに許しを請う彼女に軽蔑しきったまなざしを向けるだけだった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド出身。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

{台東紀行} {東京ぶらぶら} {高収入バイト情報} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {千葉の印刷なら千代田印刷} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {台東クラブ} {ハロー!江東区!} {電子たばこ} {GOGO!江戸川区!} {墨田区紀行} {美容外科} {鶯谷・うぐいすだに} {アキバ中毒のページ} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO}

oooおいしいくだものメニューooo IIS設定備忘録ooo ショッピング 検索ooo 下町感溢れる足立区を調べるooo ラッキーショッピングooo あまーい千葉スイーツタワーooo ~新宿 Live House~ooo 東金ぶらり・東金の名所。地域情報!!ooo 神奈川いいとこじゃん!ooo 千葉県の自然ooo 夏はプールだ千葉特集ooo メイドの土産.comooo A&Dooo 千葉鉄男の千葉を走る鉄道集ooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo 歴史千葉ooo 木更津市をもっと知りたい.com!ooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo 千葉県の施設ooo 春日ちゃんのお散歩マップooo